• 塾長

考える力

2か月も前のはなしですが、


 茨城県の社会の入試問題がガラッと変わりました。

説明する質問が多く、困った受験生は多かったと思います。


でも、それは生きていくのに必要な問題だと思います。

今まで暗記でなんとかなっていたものが通用しなくなってきた。


おもしろい、実におもしろい。(古っ!)


青学館では、なぜ?どうして?よく尋ねます。


例えば、沖縄県の家は石で造られているものが多いよ と教えると

決まって「なんで?」と質問がきます。

「なぜだと思う?」 と質問を質問で返す、面倒くさい人になりきります。


沖縄は台風多いね とつぶやくと、「頑丈」「木じゃないから腐らない」という回答が返っています。 思惑通りです。


でも、考えるってこういうところから広がっていくと思います。

それが苦じゃなく、楽しみながら。



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは 青学館 上野です 流行りの謎解きは、解けるとスッキリするし、解けなくてもわかるとスッキリしますよね? 名探偵コナン、古畑任三郎、相棒もそういうことですよね?シリーズ化して長寿番組です。 なるほど!と思うことが必要なんですね。 だから、つくってみようという気持ちになり、現在作成中です。 できたら青学館の子供たちに試してみようと思っています。 自分の楽しみが増えました。完成はしていないけど

前回好評だったパン教室の第2弾を開催することになりました。 lineで保護者宛てにメールをおくったら、1日で満員御礼。 ということで、2部制を3部制に増設したら、これもすぐに定員。 ありがとうございます。 青学館はいろいろ経験させてあげる環境をつくってあげる。子どもたちは考え、楽しむことができれば最高です。 また何かできか考えています。

続けて予告です。 子どもたちの考える力を育むゲームがあります。 イー・ラーニング研究所のボードゲームです。 オンラインで話を伺い、ゲームの目的など説明を受けました。 これは来春にやってみたいと考えています。 10年先を見ている青学館です。 乞うご期待!