top of page

考える力

2か月も前のはなしですが、


 茨城県の社会の入試問題がガラッと変わりました。

説明する質問が多く、困った受験生は多かったと思います。


でも、それは生きていくのに必要な問題だと思います。

今まで暗記でなんとかなっていたものが通用しなくなってきた。


おもしろい、実におもしろい。(古っ!)


青学館では、なぜ?どうして?よく尋ねます。


例えば、沖縄県の家は石で造られているものが多いよ と教えると

決まって「なんで?」と質問がきます。

「なぜだと思う?」 と質問を質問で返す、面倒くさい人になりきります。


沖縄は台風多いね とつぶやくと、「頑丈」「木じゃないから腐らない」という回答が返っています。 思惑通りです。


でも、考えるってこういうところから広がっていくと思います。

それが苦じゃなく、楽しみながら。



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高校受験について

あと20日ほどで茨城県立高校入試です ここ数年ですが、私立単願の生徒が多く(他の塾はどうでしょうか?)すでに進路を決め安心している子もいれば、高校入るまで気が抜けないと、奮闘している子もいます。 昨日茨城県立高校の倍率が出ましたが、結城市周辺の高校は定員割れしているのが事実です。まだ願書を出していない学校があるので変動はあると思いますが、なんだか私立思考のご家庭が多いと感じております。 皆様はどう

幼児教育2

前回の続きです。 お茶碗(能力)を大きくするには… やはり勉強です。でも、やり方が違うのです。 文字を書かせる、たし算を覚えるということは一切やりません。椅子に座って勉強するのは小学校になってからでいいと思います。 今回は一つご紹介します。テレビの横に大きめの日本地図を貼る。これだけです。 テレビを観ていると、旅番組(せっかくグルメ、充電させて等)、ニュースで○○県で大雪が降ったなどの情報がながれ

幼児の教育1

このブログを読んでくれている親御様に講演会を開きたいと考えております。 20年以上親御様と面談をしていると、「私は苦労しなかったのに、うちの子は…」「何回言っても、勉強しない、やろうとしない」と言う方がいらっしゃいます。 家庭環境も大きいですが、幼児教育の段階でかなり変わってくると考えています。 お茶碗にご飯をよそることで例えると、1合のご飯を小さな茶碗(おちょこでも結構)によそるのと、どんぶりに

bottom of page