• 塾長

英語の勉強が変わる!

10/4(金) 東京市ヶ谷で日本教材出版社が主催の、「Active Study実践報告会」がありましたので、行ってまいりました。

 もちろんActive Study監修の安河内哲也先生(実用英語推進機構 代表理事)もいらっしゃいました。


 2020年度(2021年1月)より大学入学共通テストに導入され、ますます重要性を増す「英語4技能試験」。“聞く、話す、読む、書く”をバランスよく伸ばすための授業が、学校ではなく塾から始まっております。いろいろな先生方のお話や、実践している授業風景を見せていただき、とても勉強になりました。

 

 そして安河内先生からは、"Fluency first, Accuracy second"という教えをいただきました。簡単にいうと「まず、話すこと、文法、構成はそのあと」ということです。


 青学館はオンライン英会話、英検リスニング、音声タッチペン、(自宅でYou tube、映画、洋楽など)そしてActive Studyがそろっております。


 ぜひ体験してください。

10/26,27に「祭りゆうき」に出展します。そちらで見てください。そして3年先を想像してください。英語を話しているあなたを。










24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

さあ、どうする?

青学館でちょっとした事故がありました。 ある子が、ほかの子のものを壊してしまったのです。 問題は、ものを壊した子(Aさんとします)は壊された子(Bさんとします)と青学館で会うことはほとんどなく、事故があった日もBさんはいませんでした。 周りの子も巻き込んで、「さあ、どうする」と問題にしました。 謝るにしても会えないから弁償する。と意見がでました。 もし、自分がやられたらどう思う?どうしてほしい?の

考える力

2か月も前のはなしですが、 茨城県の社会の入試問題がガラッと変わりました。 説明する質問が多く、困った受験生は多かったと思います。 でも、それは生きていくのに必要な問題だと思います。 今まで暗記でなんとかなっていたものが通用しなくなってきた。 おもしろい、実におもしろい。(古っ!) 青学館では、なぜ?どうして?よく尋ねます。 例えば、沖縄県の家は石で造られているものが多いよ と教えると 決まって「

フラッシュカード

なかなか覚えられない事ってありますよね。向き不向き、関心が高い低いなどで個人差はあると思います。本屋さんに行けば暗記力や記憶力などの本もありますが、子どもが手に取って読もうとはなりません。 私が仕向ければいいかと思って、最近フラッシュカードを作って授業の延長で子どもたちにやっています。これが効果的でいろいろ覚えてしまいます。繰り返し見ることで脳が覚えるみたいです。 内容は絵、写真、文字、音読を利用