• 塾長

英語の勉強が変わる!

10/4(金) 東京市ヶ谷で日本教材出版社が主催の、「Active Study実践報告会」がありましたので、行ってまいりました。

 もちろんActive Study監修の安河内哲也先生(実用英語推進機構 代表理事)もいらっしゃいました。


 2020年度(2021年1月)より大学入学共通テストに導入され、ますます重要性を増す「英語4技能試験」。“聞く、話す、読む、書く”をバランスよく伸ばすための授業が、学校ではなく塾から始まっております。いろいろな先生方のお話や、実践している授業風景を見せていただき、とても勉強になりました。

 

 そして安河内先生からは、"Fluency first, Accuracy second"という教えをいただきました。簡単にいうと「まず、話すこと、文法、構成はそのあと」ということです。


 青学館はオンライン英会話、英検リスニング、音声タッチペン、(自宅でYou tube、映画、洋楽など)そしてActive Studyがそろっております。


 ぜひ体験してください。

10/26,27に「祭りゆうき」に出展します。そちらで見てください。そして3年先を想像してください。英語を話しているあなたを。










閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは 青学館 上野です 流行りの謎解きは、解けるとスッキリするし、解けなくてもわかるとスッキリしますよね? 名探偵コナン、古畑任三郎、相棒もそういうことですよね?シリーズ化して長寿番組です。 なるほど!と思うことが必要なんですね。 だから、つくってみようという気持ちになり、現在作成中です。 できたら青学館の子供たちに試してみようと思っています。 自分の楽しみが増えました。完成はしていないけど

前回好評だったパン教室の第2弾を開催することになりました。 lineで保護者宛てにメールをおくったら、1日で満員御礼。 ということで、2部制を3部制に増設したら、これもすぐに定員。 ありがとうございます。 青学館はいろいろ経験させてあげる環境をつくってあげる。子どもたちは考え、楽しむことができれば最高です。 また何かできか考えています。

続けて予告です。 子どもたちの考える力を育むゲームがあります。 イー・ラーニング研究所のボードゲームです。 オンラインで話を伺い、ゲームの目的など説明を受けました。 これは来春にやってみたいと考えています。 10年先を見ている青学館です。 乞うご期待!