教えるって面白い

 青学館では生徒が生徒を教えることがあります。自発的にです。

「え?」 っとお思いでしょうが、これが効果的です。


 人に教えるという行為は、自分のための復習にもなります。もちろん間違ったことを教えていないか私も聞いております。

 わからない子に伝わらないことがあれば、「言い方がよくない」と考え、再度説明する。このとき、今度は伝わるようにと、言葉を選ぶので、語彙力もついてきます。

 わからない子がわかると、教えた子もうれしい。面白い。教科が代われば、教えていた子が教わっている。これも面白い。


 先週、結城市の中学校で期末テストがありました。結果は来週でますが、まあまあできたと報告がありました。楽しみにしています。



 

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

暑い日が続いております。ながい夏期講習はまだまだ続きます。 毎回授業を楽しみに来てくれる子がたくさんおります。特に小学生は全国にある施設、特産物などや、家電、建造物の歴史をクイズ形式にしています。好奇心を大切にしています。 また、お迎え待ち、休み時間も有意義に時間を過ごしてほしいので、生徒の興味のある本をたくさん購入してきました。趣味も勉強です。フィッシング・ファッション・歴史人物・車・図鑑など、

点数をいうと特定されてしまうので抽象的な表現になってしまいますが、今までほとんど点数が取れなかった生徒が、教科によってですが、平均点以上くらいの点数をとってきました。学校の先生にも褒められたそうで、うれしそうに話してくれました。 別の生徒は、英語が伸びて自己最高点80点越えです。入塾したときはI my me mineなどの代名詞や主語、動詞ということもわかっていない状態でした。 さらに別の生徒は理

6月17日(金) 鹿窪運動公園で市内総体がありました。 青学館の生徒たちも活躍しているので、応援に行ってきました。 野球、サッカー、テニス、卓球、バドミントンなど全部見て回ってきました。 みんないい顔して汗を流し、勝って喜び、負けて悔しい一面を見てきて感動しました。残念な結果になったことも、それが人生にいきてくることだと信じて励んでほしいです。 会場で保護者の方ともお話をして、いい時間を過ごせまし