top of page

快挙といってもいい

 点数をいうと特定されてしまうので抽象的な表現になってしまいますが、今までほとんど点数が取れなかった生徒が、教科によってですが、平均点以上くらいの点数をとってきました。学校の先生にも褒められたそうで、うれしそうに話してくれました。

 別の生徒は、英語が伸びて自己最高点80点越えです。入塾したときはI my me mineなどの代名詞や主語、動詞ということもわかっていない状態でした。

 さらに別の生徒は理科の気象問題がちんぷんかんぷんで嘆いていたのに、気象問題に限ってですが満点です。

 これって快挙といっていいですよね? 本人が一番うれしいでしょうけど私もうれしい。

親もうれしいと思います。

 持続可能な成績が取れるよう、これからも楽しい授業をつくっていきます。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高校受験について

あと20日ほどで茨城県立高校入試です ここ数年ですが、私立単願の生徒が多く(他の塾はどうでしょうか?)すでに進路を決め安心している子もいれば、高校入るまで気が抜けないと、奮闘している子もいます。 昨日茨城県立高校の倍率が出ましたが、結城市周辺の高校は定員割れしているのが事実です。まだ願書を出していない学校があるので変動はあると思いますが、なんだか私立思考のご家庭が多いと感じております。 皆様はどう

幼児教育2

前回の続きです。 お茶碗(能力)を大きくするには… やはり勉強です。でも、やり方が違うのです。 文字を書かせる、たし算を覚えるということは一切やりません。椅子に座って勉強するのは小学校になってからでいいと思います。 今回は一つご紹介します。テレビの横に大きめの日本地図を貼る。これだけです。 テレビを観ていると、旅番組(せっかくグルメ、充電させて等)、ニュースで○○県で大雪が降ったなどの情報がながれ

幼児の教育1

このブログを読んでくれている親御様に講演会を開きたいと考えております。 20年以上親御様と面談をしていると、「私は苦労しなかったのに、うちの子は…」「何回言っても、勉強しない、やろうとしない」と言う方がいらっしゃいます。 家庭環境も大きいですが、幼児教育の段階でかなり変わってくると考えています。 お茶碗にご飯をよそることで例えると、1合のご飯を小さな茶碗(おちょこでも結構)によそるのと、どんぶりに

bottom of page