• 塾長

夏期講習のなかで

最終更新: 2019年8月16日

 小学生、中1、2の授業では、世界の国旗と歴史上人物のカルタを取り入れています。

競争することが楽しくなり、休み時間を使ってでも覚えようとする積極的な行動も見られてきました。興味関心を持たせるという点では、大成功です。

 5回もやれば、50枚程度のカードの歴史人物も国旗も覚えられて、カルタの読みのほうの文面まで暗記するくらいになっています。国旗がわかると、国を地図で探すようになります。大陸のどのあたりにあるのか分かってくると地理が楽しくなりますよね。歴史人物にあっては、人物の年代の前後がわかってくると、つながりがみえてきます。

 また、思考力を高めるパズルゲームのプリントも取り入れています。その子に対応したプリントを、ものすごく集中して取り組んでおります。解けなくて今にも泣きだしそうな子もおりますが、答えが出たときの喜びようといったら、こちらが嬉しくて泣きだしそうです。すぐに「先生、次」(次のプリントくださいの意味)。と積極的に取り組んでおります。




34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

フラッシュカード

なかなか覚えられない事ってありますよね。向き不向き、関心が高い低いなどで個人差はあると思います。本屋さんに行けば暗記力や記憶力などの本もありますが、子どもが手に取って読もうとはなりません。 私が仕向ければいいかと思って、最近フラッシュカードを作って授業の延長で子どもたちにやっています。これが効果的でいろいろ覚えてしまいます。繰り返し見ることで脳が覚えるみたいです。 内容は絵、写真、文字、音読を利用

やる気になる工夫

黙っていても頑張る子。言われれば頑張る子。やればできる子。やってもできない子。やろうとしない子。色々なタイプがあります。 でも、みんな できないままじゃ困ることはわかっています。 だから、その子に合った声掛けをします。そして問題が解けるように工夫します。 そうすると今度は子どもたちが勝手に伸びていきます。 10月に行った茨城統一テスト(中3のみ)は全員成績が上がりました。しかも全員自己ベスト!すご

オンラインクイズ大会

8月1日(土)オンラインクイズ大会を行いました。ご参加して下さった保護者様、お子様ありがとうございました。 ZOOMを使い、どなたでも参加できるように設定してみました。いろいろと課題はありますが、結構楽しめたと思います。 クイズの一つに太陽の大きさを問題にしました。地球の109倍と聞いたところでピンとこない。では、どうすれば伝わるだろう。そう考えてこのように紹介しました。 太陽の大きさは地球をパチ

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。