• 塾長

夏期講習のなかで

更新日:2019年8月16日

 小学生、中1、2の授業では、世界の国旗と歴史上人物のカルタを取り入れています。

競争することが楽しくなり、休み時間を使ってでも覚えようとする積極的な行動も見られてきました。興味関心を持たせるという点では、大成功です。

 5回もやれば、50枚程度のカードの歴史人物も国旗も覚えられて、カルタの読みのほうの文面まで暗記するくらいになっています。国旗がわかると、国を地図で探すようになります。大陸のどのあたりにあるのか分かってくると地理が楽しくなりますよね。歴史人物にあっては、人物の年代の前後がわかってくると、つながりがみえてきます。

 また、思考力を高めるパズルゲームのプリントも取り入れています。その子に対応したプリントを、ものすごく集中して取り組んでおります。解けなくて今にも泣きだしそうな子もおりますが、答えが出たときの喜びようといったら、こちらが嬉しくて泣きだしそうです。すぐに「先生、次」(次のプリントくださいの意味)。と積極的に取り組んでおります。




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは 青学館 上野です 流行りの謎解きは、解けるとスッキリするし、解けなくてもわかるとスッキリしますよね? 名探偵コナン、古畑任三郎、相棒もそういうことですよね?シリーズ化して長寿番組です。 なるほど!と思うことが必要なんですね。 だから、つくってみようという気持ちになり、現在作成中です。 できたら青学館の子供たちに試してみようと思っています。 自分の楽しみが増えました。完成はしていないけど

前回好評だったパン教室の第2弾を開催することになりました。 lineで保護者宛てにメールをおくったら、1日で満員御礼。 ということで、2部制を3部制に増設したら、これもすぐに定員。 ありがとうございます。 青学館はいろいろ経験させてあげる環境をつくってあげる。子どもたちは考え、楽しむことができれば最高です。 また何かできか考えています。

続けて予告です。 子どもたちの考える力を育むゲームがあります。 イー・ラーニング研究所のボードゲームです。 オンラインで話を伺い、ゲームの目的など説明を受けました。 これは来春にやってみたいと考えています。 10年先を見ている青学館です。 乞うご期待!