• 塾長

オンラインクイズ大会

 8月1日(土)オンラインクイズ大会を行いました。ご参加して下さった保護者様、お子様ありがとうございました。

 

 ZOOMを使い、どなたでも参加できるように設定してみました。いろいろと課題はありますが、結構楽しめたと思います。

 クイズの一つに太陽の大きさを問題にしました。地球の109倍と聞いたところでピンとこない。では、どうすれば伝わるだろう。そう考えてこのように紹介しました。


 太陽の大きさは地球をパチンコ玉(人差し指をつまんだ大きさ)とすると、太陽は小学1,2年生が入るくらいの風船(直径1.2m)だということを写真を使って比較し、大きさを目の当たりにする工夫をしました。

 案の定「えー!」という声が聞こえました。こちらの意図が伝わってうれしかったです。


 他の問題は、お寺が一番多い都道府県は? キョクアジサシという渡り鳥は1年間で何km海を渡るか? たらこは何の魚の卵か?(真鱈ではありません) etc

 第2弾も製作中です。時期はまだ未定ですが、たくさんの人が参加できるように宣伝も内容もより充実していきたいと思います。そのときはよろしくお願いします。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

さあ、どうする?

青学館でちょっとした事故がありました。 ある子が、ほかの子のものを壊してしまったのです。 問題は、ものを壊した子(Aさんとします)は壊された子(Bさんとします)と青学館で会うことはほとんどなく、事故があった日もBさんはいませんでした。 周りの子も巻き込んで、「さあ、どうする」と問題にしました。 謝るにしても会えないから弁償する。と意見がでました。 もし、自分がやられたらどう思う?どうしてほしい?の

考える力

2か月も前のはなしですが、 茨城県の社会の入試問題がガラッと変わりました。 説明する質問が多く、困った受験生は多かったと思います。 でも、それは生きていくのに必要な問題だと思います。 今まで暗記でなんとかなっていたものが通用しなくなってきた。 おもしろい、実におもしろい。(古っ!) 青学館では、なぜ?どうして?よく尋ねます。 例えば、沖縄県の家は石で造られているものが多いよ と教えると 決まって「

フラッシュカード

なかなか覚えられない事ってありますよね。向き不向き、関心が高い低いなどで個人差はあると思います。本屋さんに行けば暗記力や記憶力などの本もありますが、子どもが手に取って読もうとはなりません。 私が仕向ければいいかと思って、最近フラッシュカードを作って授業の延長で子どもたちにやっています。これが効果的でいろいろ覚えてしまいます。繰り返し見ることで脳が覚えるみたいです。 内容は絵、写真、文字、音読を利用