• 塾長

やる気になる工夫

 黙っていても頑張る子。言われれば頑張る子。やればできる子。やってもできない子。やろうとしない子。色々なタイプがあります。


 でも、みんな できないままじゃ困ることはわかっています。


 だから、その子に合った声掛けをします。そして問題が解けるように工夫します。


 そうすると今度は子どもたちが勝手に伸びていきます。


 10月に行った茨城統一テスト(中3のみ)は全員成績が上がりました。しかも全員自己ベスト!すごいですよね。こんなときは褒めちぎります。


 小学生は算国を鍛える「論理パズル」に興味を持ち始めています。解けると気持ちいい。達成感は大事です。そしてやる気にさせます。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは 青学館 上野です 流行りの謎解きは、解けるとスッキリするし、解けなくてもわかるとスッキリしますよね? 名探偵コナン、古畑任三郎、相棒もそういうことですよね?シリーズ化して長寿番組です。 なるほど!と思うことが必要なんですね。 だから、つくってみようという気持ちになり、現在作成中です。 できたら青学館の子供たちに試してみようと思っています。 自分の楽しみが増えました。完成はしていないけど

前回好評だったパン教室の第2弾を開催することになりました。 lineで保護者宛てにメールをおくったら、1日で満員御礼。 ということで、2部制を3部制に増設したら、これもすぐに定員。 ありがとうございます。 青学館はいろいろ経験させてあげる環境をつくってあげる。子どもたちは考え、楽しむことができれば最高です。 また何かできか考えています。

続けて予告です。 子どもたちの考える力を育むゲームがあります。 イー・ラーニング研究所のボードゲームです。 オンラインで話を伺い、ゲームの目的など説明を受けました。 これは来春にやってみたいと考えています。 10年先を見ている青学館です。 乞うご期待!