• 塾長

あっという間

 年末になると必ず「今年ももう終わりか」と言っていました。まんねりを感じるから言うらしいです。刺激が少ないからだそうです。


 でも今年は長かった。2月に早期退職を募る告知があり、3月に前会社を退職し、起業の準備をして、いろんな人に会い、意見を聞いて頑張ってきました。オープンまで東奔西走。夏は朝から晩まで塾に缶詰め状態。とうい真逆の生活。朝昼晩はコンビニ飯。体重は増量、体力は減少。それでも病気もなくここは乗り切りました。


 そして冬。冬期講習も年内はあと1日。子供たちに何を教えようか、受験対策は?来年度の予定、いろいろ考えて準備していた矢先に人生初のインフルエンザ(笑) 寝ることに疲れました。3日目は体が痛くて寝られませんでした。


 最後の1件は余計でしたが、今年1年、皆様の協力のおかげで年が越せそうです。

わたしの活力は子どもたちの笑顔です。これを絶やさないよう、いろんな事を考えて青学館を盛り上げたいと思います。来年には2校舎目も立ちあげられるように、子どもたちが元気に過ごせるように何かをやりたいと思います。


 最後に青学館に携わるすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

さあ、どうする?

青学館でちょっとした事故がありました。 ある子が、ほかの子のものを壊してしまったのです。 問題は、ものを壊した子(Aさんとします)は壊された子(Bさんとします)と青学館で会うことはほとんどなく、事故があった日もBさんはいませんでした。 周りの子も巻き込んで、「さあ、どうする」と問題にしました。 謝るにしても会えないから弁償する。と意見がでました。 もし、自分がやられたらどう思う?どうしてほしい?の

考える力

2か月も前のはなしですが、 茨城県の社会の入試問題がガラッと変わりました。 説明する質問が多く、困った受験生は多かったと思います。 でも、それは生きていくのに必要な問題だと思います。 今まで暗記でなんとかなっていたものが通用しなくなってきた。 おもしろい、実におもしろい。(古っ!) 青学館では、なぜ?どうして?よく尋ねます。 例えば、沖縄県の家は石で造られているものが多いよ と教えると 決まって「

フラッシュカード

なかなか覚えられない事ってありますよね。向き不向き、関心が高い低いなどで個人差はあると思います。本屋さんに行けば暗記力や記憶力などの本もありますが、子どもが手に取って読もうとはなりません。 私が仕向ければいいかと思って、最近フラッシュカードを作って授業の延長で子どもたちにやっています。これが効果的でいろいろ覚えてしまいます。繰り返し見ることで脳が覚えるみたいです。 内容は絵、写真、文字、音読を利用